アクセスカウンタ

てくてく*東北 〜アドリブ観光〜

プロフィール

ブログ名
てくてく*東北 〜アドリブ観光〜
ブログ紹介
日帰り、車中泊を中心に、東北各地をてくてく観光。東北の魅力メモです。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

もくじ⇒コチラ
アドリブ観光とは・・・⇒コチラ


<写真>数年前の名取の熊野堂神社。春の例祭で神楽を奉納しています。桜もきれい。現在は給水所になっています。早く美しい風景に戻りますように・・・⇒くわしくはコチラ


zoom RSS

榴岡公園は桜が見ごろです♪【宮城】

2011/04/20 00:49
仙台は桜が満開の時期を迎えました。
日曜日、榴岡公園はたくさんの人で賑わっていました。

画像


画像


今までの桜とは見え方が違う。
日本人にとって特別なものであるということを、今更ながら感じもしました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東日本大震災

2011/04/13 23:00
東日本大震災に見舞われた方々にお見舞い申し上げます。

震災から1カ月、いろいろなことが大きく変わってしまいました。
いままで当たり前だったものの多くの大切さに気づき、また、疑いを持つようになりました。

震災時。
仙台市内の駐車場にいて、足元をはじかれて首が上がると、目の前にビルが見えて、ふとNZの地震のニュースが脳裏に浮かびました。
ああ、こんなに意識ははっきりしてる中で、地震で・・・と思って、
思ってからの記憶はあいまいです。
とにかく必死でした。

地震が止んだ後の静けさに不気味な安心感を覚え、家を目指したのは覚えています。
幸い、津波が来た地域ではなかったからですが、「震災」は、地震で一瞬で来るものではなかったのです。

電話がつながらない、電気が消える、ガスが止まる、水道が止まる、ラジオの火災のニュースが少しずつ増えてくる…夜のラジオのニュース、翌朝の朝刊の写真、・・・電気が通った後のテレビを見た時の衝撃。

情報が遮断され、少しずつ知り、一気に見える。
不気味な安心感は、知れないゆえということだったんです。

――書き出したら止まらなくなりそうなので、ここでやめておきます。
とにかく、私は無事助かったのだから、できることをやるのみです。

このブログでも書いたりしていますが、東北各地に思い出の場所があります。
記事に個人を載せることはしませんでしたが、お世話になった人も忘れ難い方もたくさんいます。
どうか同じ笑顔が戻りますように。いい形で復興ができますように。

今まで書いた記事の中にはもう見られないだろう風景もあります。
しばらく更新していませんでしたが、その間に行った場所もあります。いつか更新しようと思っていたのに。それが最後の風景になるなんて。

上手くまとまりませんが、こんなところです。
このブログは継続して、前向きな東北をまたてくてくして、それを報告していこうと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.28 流星群を見にいこう!夜明けのドライブ、そしてそばの町山都へ… 【宮城・福島/日帰り】

2010/11/08 13:19
流星群の観察&アドリブドライブで水そばを食べる♪

仙台==不動尊公園キャンプ場界隈(丸森町)==(峠越え)==松川浦==、==(国道115号/霊山〜福島市)==道の駅つちゆ==喜多方市==とのや(山都町宮古)==道の駅会津柳津==猪苗代湖==(猪苗代磐梯高原IC)==仙台

3か月ほど前の話ですが(8月)、ペルセウス座流星群の大出現があるということで、たくさんの流れ星を見に丸森町方面へ行き、
夜明け、そのまま南下して、福島を南相馬から喜多方へと横断ドライブしました!

星がきれいに見える場所はたくさんあるけれど、宮城県では丸森町!さらに中心部よりも、不動尊公園キャンプ場から福島に抜ける峠は本当にきれい。
キラキラ〜・・・というよりむしろ、空がザラザラのヤスリ?!と思うほど、細かい星が一面に広がって、そこにいくつもの星が輝いている…という感じでした。
今回のペルセウス座流星群も、そういう空の中、いくつもの流星が滑るように艶やかに流れていました。

画像

明け方の空。森を抜けて広がる空!…の直前。夜空は撮れず。


松川浦で朝ごはんを…と思ったものの、お店はまだ空いてなく(7時)、道の駅南相馬までひた走り。ひと休みした後、喜多方でそばを食べようということになり、山都へ。。。

画像

山都町宮古地区はそば農家の方がやっているお蕎麦屋さんが多い!


画像

水に入ったそばを味わう「水そば」に驚き!おいしい!!澄んだ水のせいか、するする入っていく〜


11時に到着。写真のほかに、もう一盛りそばが出てきて、塩につける「塩そば」と麺つゆにつけて食べるベーシックな2パターン、計3パターンでそばを楽しみました

帰りは道の駅会津柳津に寄って帰ることに。
画像

雑穀のあわソフト


画像

現役の赤丸ポストと、誰が来ても動じないカエル。保護色に近づこうと頑張ってる?!


道の駅会津柳津には会津の方の特産品がたくさん。
いろいろ見て回って、「あわソフト」を食べ、猪苗代湖経由で帰仙しました

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


★日本一おいしい米コンテスト★ゆきむすびが全国一位に!!(宮城県大崎市鳴子町)

2009/11/28 22:42
さっきのNHKのニュースで見てびっくり!!
山形県で毎年開催される「日本一おいしい米コンテスト」で鳴子町のゆきむすびが優勝したそうです!!

毎年全国から300以上のお米がエントリー。
それを全国の消費者や審査員が舌だけで審査するこのコンテスト。
決勝は品種が30点まで絞られて、新潟県の「こしいぶき」や静岡県の「いのちの壱」などが出ていました。

通常、お米の味の善し悪しは食味計というのを使って測られるのだけど、その数値がずば抜けて高いわけではないのに、とってもおいしいお米が時々ある。
ゆきむすびもその一つでした。
測定していない成分で何かおいしいと感じる何かがあるのかもしれません。

このお米、本当においしいのです。
口に入れるとふわぁと澄んだ旨味、甘みを感じます。
そう、特長を一言で言うと、澄んでいる
澄んでいる食材ってなかなかないです。
冷めてからもおいしいので、おむすびにしても最高です。

「ゆきむすび」の里、宮城県大崎市鳴子町は、中山間地域。
温泉街でもあるので、遊びに行ってもたのしい♪
歩いた時はこんな感じです。

画像



画像



画像



こういう環境が澄んだ風味を作り出しているんですね。
このニュースで久々に訪れてみたくなりました。
(私が遊びに・・・というか、プチプチ湯治に行った時の記事はコチラ
ちなみにゆきむすびの舞台裏はコチラ。→鳴子の米プロジェクト(大崎市HP)

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


No.27 海から縦横無尽に上がる花火!!柏崎の花火大会に行ってきました【新潟】

2009/07/28 23:07
新潟三大花火のひとつ、柏崎の花火大会 に行ってきました。
海の中(?)から上がったり、横に走って上がったり、右見て左見て海見て上見て、もういたるところから上がる上がる〜〜

花火直前まで大雨だったのですが、花火が始まる直前に止みました。奇跡的
そして、その花火が本当にものすごかったです
広い海と広大な空だからなせる業。
尺玉100発を一斉に打ちあげたり、休憩なしで300連発尺玉を打ち上げ続けたり、もうとにかく凄いの一言。

画像


画像


画像


画像



中越沖地震の震災から2年。
花火会場まで駅から徒歩で行ったのですが、商店街とかもうすっかり落ち着いていて安心しました。
花火の間のコメントでも時折、前を向いて進んでいこうというような言葉が入り、地元の方が花火に込める思いは特別だったのだと伝わってきました。

2009ぎおん柏崎まつり「海の大花火大会」 公式サイト
もあるので、少ないですが、もう少し見たい方はこちらで。

感動的でした♪
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


No.26 猫の島・田代島と、海の秘境・網地島をめぐる離島観光1泊2日(9)【宮城/1泊2日】

2009/07/28 22:12
怒涛の断崖、涛波岐(ドワメキ)崎が最終目的地。

仙台==石巻==(網地島ライン)==田代島(牡蠣試食〜マンガアイランド〜猫、猫神社など)==民宿宿泊(民話)==散策==(網地島ライン)==網地島(白浜海水浴場 〜ベーリング像〜アワビ試食〜網小医院〜涛波岐(ドワメキ)崎==鮎川港 ==仙台

H)涛波岐(ドワメキ)崎〜仙台
このツアー最後の目的地は、涛波岐(ドワメキ)崎。
ポスターで見せてもらった時の断崖絶壁がものすごく迫力があって、実際どうなんだろうとわくわくしながら行きました。

実際もものすごかった〜。ガイドさんがいないとちょっと危険な感じです。
無駄に柵とかないから、自己責任の世界。強風吹きませんように・・・って祈りつつ、でも雄々しい岩と海の様子に感動

画像

涛波岐(ドワメキ)崎に立ち、見下ろしたまんま撮った写真。波が激しい! 



画像

岩の間を渦巻く白波。こんなところまで入れるとは。 



画像

涛波岐(ドワメキ)崎からちょこっと臨む田代島。 



そんなこんなで、そろそろ旅は終りの時間。。。
網地島を後にして、鮎川港を経由して仙台に帰ります。
ところで、鮎川で海を臨んだら、2日間めいっぱい楽しんだ田代島と網地島が隣り合って見えました。
まるで兄弟みたいな島ですね。

画像

右が田代島、左が網地島 



今回は観光というより、ありのままのいろいろな物を見たり感じたりした旅でした。
あたりまえのようでいて、でも仙台に帰るとそれらは近くにはもうないものばっかりだったなって気づくのです。





記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


No.26 猫の島・田代島と、海の秘境・網地島をめぐる離島観光1泊2日(8)【宮城/1泊2日】

2009/07/22 22:40
月の生活費は1万円?!移住者の話に興味津々。

仙台==石巻==(網地島ライン)==田代島(牡蠣試食〜マンガアイランド〜猫、猫神社など)==民宿宿泊(民話)==散策==(網地島ライン)==網地島(白浜海水浴場 〜ベーリング像〜アワビ試食〜網小医院〜涛波岐(ドワメキ)崎==鮎川港 ==仙台

G)アワビ試食〜網小医院
いよいよお昼。
お昼はツアーだったこともあり、特別。地元の方のご厚意で、おにぎりとアワビをいただきました
網地島の特産品のひとつ、あわび。
郵便局のふるさと小包などでも扱われたことのある(そのときは5〜8000円だったとか!)を、焼いていただきました
田代島のときもそうだったけど、ここのあたりの魚介類は、澄んだ感じの旨みがありました。
いくらでもいけてしまう・・・本当においしい!

昼食中は、地元の方と少しお話をしました。
私が話したのは、移住者の方。
話を聞くと、このあたりの生活は漁業をやって自給自足が基本。生活費は1万円程とのこと(主に燃料費)
そして、ここでの生活で一番大切なのは、周りの人との協働。
結いの精神が大事なのだそう。
移住に当たっては、以前から地元住民からいろいろと教えてもらい、コミュニケーションをしっかりとり家なども選んでいったそう。
田舎暮らし…なんて最近は騒がれているけれど、充実した生活を送るにはきっとこういうことが大事なんですね。

今回のツアーはそういう暮らしを視野に入れたものだったので、網小医院も見学。
網地小学校の廃校を利用した病院だから、網小医院。
島の病院とは思えないしっかりした設備のある病院でびっくりしました。

いろいろと勉強にもなったひととき。
そんなこんなで網地島最後の目的地、涛波岐(ドワメキ)崎に向かいます。


つづく
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


No.26 猫の島・田代島と、海の秘境・網地島をめぐる離島観光1泊2日(7)【宮城/1泊2日】

2009/07/15 23:22
日本初の日露交流の地、網地島へ。

仙台==石巻==(網地島ライン)==田代島(牡蠣試食〜マンガアイランド〜猫、猫神社など)==民宿宿泊(民話)==散策==(網地島ライン)==網地島(白浜海水浴場 〜ベーリング像〜アワビ試食〜網小医院〜涛波岐(ドワメキ)崎==鮎川港 ==仙台

F)白浜海水浴場
東北地方のバリ島、とも呼ばれる白浜海水浴場に到着。
シュロの木が連なって、ばーんと広がる海
なんか、ここは今までの雰囲気とかなり違う。
確かに南っぽさがある。
行ったのはシーズンオフだったので、人も少なく、のびのびしていましたが、シーズン中はこの海に魅かれてものすごい数の人が訪れるとのこと。

その海を眺めるように佇む一人の男性の銅像が・・・。
それが、ベーリング像。
1739年、日本が初めてロシアと交流を行ったのが、ここ、網地島だったのです。
島を案内していただいた人によると、鎖国中であったけれど、島民は友好的で物々交換などを行ったそう。
島民の人柄を思わせるあったかい歴史でした。

さて続いてはいよいよ・・・お昼です


つづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.26 猫の島・田代島と、海の秘境・網地島をめぐる離島観光1泊2日(6)【宮城/1泊2日】

2009/07/15 00:44
朝は散策。丸ポストも現役です。

仙台==石巻==(網地島ライン)==田代島(牡蠣試食〜マンガアイランド〜猫、猫神社など)==民宿宿泊(民話)==散策==(網地島ライン)==網地島(白浜海水浴場 〜ベーリング像〜アワビ試食〜網小医院〜涛波岐(ドワメキ)崎==鮎川港 ==仙台

E)散策
翌朝。
焼いた鮭とごはん、目玉焼きに、海草などの酢の物、お浸し・・・こういうのがすごくおいしい。
食材もだろうけど、ここの空気で食べるからという理由もあるのかな。

朝食の後は散策へ。
海の方ではなく、民宿や民家が集まる仁斗田の町を散策。

くねっている道に、お寺、郵便局、そして屋根の合間から見える海の輝き。
ここにいると当然のように感じてしまう風景なのですが、もう自分の近くにはなくなってしまったものたちだったと気づいたのは帰ってきてから。
進化と喪失は紙一重なんてちょっと思ってしまったり。

さてこの後は、いよいよ網地島へ。
フェリーに乗って出発です。

画像

くねり道。何だかこの道がほっとする感じで好きでした。


画像

現役の丸ポスト。


画像

海の先には網地島が。



つづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.26 猫の島・田代島と、海の秘境・網地島をめぐる離島観光1泊2日(5)【宮城/1泊2日】

2009/07/14 00:35
夜は田代島の鮮魚を漁家の家庭料理で。そして、語り部の方の民話に耳を傾ける・・・

仙台==石巻==(網地島ライン)==田代島(牡蠣試食〜マンガアイランド〜猫、猫神社など)==民宿宿泊(民話)==散策==(網地島ライン)==網地島(白浜海水浴場 〜ベーリング像〜アワビ試食〜網小医院〜涛波岐(ドワメキ)崎==鮎川港 ==仙台

D)民宿宿泊
夕方、民宿に戻り、いよいよ夕食。
もうこれでもかというくらい田代島で獲れた魚介類が出されて大興奮!
昼に食べた剥きたてペロリの牡蠣もいいけど、焼いたり、バターソテーにしたり、ご飯にしたりするのもいいですね〜。漁家の家庭料理ですね他にも鯵の刺身や水タコなどなど・・・。
そしてお酒もさることながら、ご飯が進む進む。
どれだけ食べたか・・・。

満腹になって夜も更けてきたころ、今日最後のイベントです。
なんと、今回のツアーのために地元の語り部の方がいらっしゃったのです!

猫が人を化かす話(タイトル失念)など語っていただきました。
民話というと、遠野が有名ですが、どの地域にもこのような物語は存在するんですよね。
こういう物語を語り継いでいく一時を過ごせて、すごく温かい気持ちになりました。

さて、いよいよ明日は網地島へ行きます。
椎名誠さんの著書(『風のかなたのひみつ島』)でも出てくる島。
いったいどんなところでしょうか??


つづく

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.26 猫の島・田代島と、海の秘境・網地島をめぐる離島観光1泊2日(4)【宮城/1泊2日】

2009/07/12 12:30
悠々自適な田代島の猫を観察。そして猫神社参拝。

仙台==石巻==(網地島ライン)==田代島(牡蠣試食〜マンガアイランド〜猫、猫神社など)==民宿宿泊==散策==(網地島ライン)==網地島(白浜海水浴場 〜ベーリング像〜アワビ試食〜網小医院〜涛波岐(ドワメキ)崎==鮎川港 ==仙台

C)猫、猫神社など
さて、田代島は猫の島といわれているように、本当に猫の数が多い!
フェリーから降りたらすぐにいて、それはもう港のあたりから、牡蠣剥き小屋、民宿のあたりまでいたるところにいるいる

人口(70人程度)より猫の数(100匹以上!)の方が多いくらいだから。
それぞれに縄張りがあるんでしょうか。
民家に15匹くらいかたまっていたり、数匹でグループで港の片隅にいたり、一匹狼的にさまよっているのがいたり。
そして、性格も様々。
人懐っこいのから、孤高の存在まで。
見ていてまったく飽きません

田代島で猫は神様。
島のちょうど真ん中あたりには、猫神社があります。
昔から人とのかかわりは深く、マユの生産が行われていた頃はネズミよけとして、また、漁師は猫の様子から天気や漁模様を予測していたりしていたそうです。
というわけで、この島は犬の持ち込みは禁止です。

さて、森のように左右に木々生い茂る道を登って30分ほど。猫神社に到着です。
港や居住地、民宿からは結構遠いのですが、きれいにされていました。
島民の方の気持ちが垣間見えたようでした。

さて、もうひとつ印象的だったのが、猫神社に行く途中にあった小学校。
ここの島の住民の「平均」年齢は72歳(!)、一番若い人でさえ30代(1人だけいるそうです)。
もちろんこの小学校はとうに廃校になっているのですが、なんかそう見えないのです。
道すがら見ただけですが、朽ちていない。
いきいきと島の空気の中で現在進行形で生きているようでした。
(・・・と思ったら、「自然教育センター」という現役施設として今年の4月まで活躍されていたそうです。どうりで!)

島民も、猫たちも、マンガロッジでも感じましたが、ここの島の空間や時間の流れ方にはちょっと不思議な感じを受けるのです。

画像

猫神社


画像

悠々自適に生活してます。


画像

グループでも適度な距離感


画像

ここのおうち・・・すごい。縄張りというか・・・共同縄張り?


つづく





記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


No.26 猫の島・田代島と、海の秘境・網地島をめぐる離島観光1泊2日(3)【宮城/1泊2日】

2009/07/11 20:46
海を見渡す高台にあるマンガアイランド。日常から離れたのどかで自由な絵を見る

仙台==石巻==(網地島ライン)==田代島(牡蠣試食〜マンガアイランド〜猫、猫神社など)==民宿宿泊==散策==(網地島ライン)==網地島(白浜海水浴場 〜ベーリング像〜アワビ試食〜網小医院〜涛波岐(ドワメキ)崎==鮎川港 ==仙台

B)マンガアイランド
荷物を置いた後は、マンガアイランドへ。
途中、平塚八大夫の蔵と生家跡を通過しました。平塚八大夫は、伊達家の御用商人だったそう。

さて、田代島の高台にあるマンガアイランドからは、海を一望でき隣の網地島も臨むことができます。
ここには、漫画家の里中満智子先生とちばてつや先生のロッジがそれぞれありました。
ロッジの形自体がネコ型。さすが、猫の島

中には、田代島を訪れた漫画家が描いたたくさんの猫のイラストも飾ってありました。
なんか、すごい漫画家の人が多く絵を寄せているんだけど、貴重だ〜とか、すごいあんな有名な人が?!とか、そういう感じをまったく受けない。
なんか、誰が描いたとかの次元じゃなくて、描き手も心地よく描いたんだろうな、とか、ここにある絵も心地よさそうだな、とかそういうことに思いめぐらしてしまう空間でした。
不思議。
名声とかブランド云々の世界から離れた空間が何とも心地よかったです。

さて、しばらく見学をしたのち、次の目的地へ。
・・・というか、目的地に向かうというより、ここは散策そのものがすごく気持ちいいのです。

海を臨みながら歩き、森に入っていきます。


つづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.26 猫の島・田代島と、海の秘境・網地島をめぐる離島観光1泊2日(2)【宮城/1泊2日】

2009/07/11 00:31
牡蠣のうまさに感嘆しきりの田代島

仙台==石巻==(網地島ライン)==田代島(牡蠣試食〜猫、猫神社など)==民宿宿泊==散策==(網地島ライン)==網地島(白浜海水浴場 〜ベーリング像〜アワビ試食〜網小医院〜涛波岐(ドワメキ)崎==鮎川港 ==仙台

A)田代島(牡蠣試食〜猫、猫神社など)
田代島について、さっそく牡蠣の殻むき体験へ。(今回はツアーで参加でした)
大量の牡蠣をせっせと剥いて・・・食べる。
ここの牡蠣、本当においしい。
大粒なんだけど、すごく味が濃ゆい
凝縮されている大粒っていう感じで、いくつでも食べられてしまいます
食べても食べても余ってしまい、これは、後でのお楽しみ。

その後、いったん今回の宿泊場所(民宿)へ荷物を置きにいって、そこでお昼ごはん。
今度は牡蠣を焼いて食べました。

なんだろう、ここの牡蠣は、水がきれいな感じがするんだけど、その水でなぜこんな濃厚な味がでるの?!ろいう感じ。

感動しきりでした。


つづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.26 猫の島・田代島と、海の秘境・網地島をめぐる離島観光1泊2日(1)【宮城/1泊2日】

2009/07/07 02:29
仙台==石巻==(網地島ライン)==田代島(牡蠣試食〜猫、猫神社など)==民宿宿泊==散策==(網地島ライン)==網地島(白浜海水浴場 〜ベーリング像〜アワビ試食〜網小医院〜涛波岐(ドワメキ)崎==鮎川港 ==仙台

@)仙台〜田代島
以前、宮城県石巻市にある離島、田代島と網地島に行きました。
田代島は数年前から猫の島として有名になってますね。
なにせ人口(70名程度)より猫の数(100匹以上!!)が多い島。
猫は一体どんな生活をしているんでしょう??興味しんしんでした。

まずは、仙台から石巻までは電車で。そこからフェリー乗り場までバスで、いよいよフェリーへ。
フェリーは、島民の足。
釣り客に混ざり、地元の方も使用している航路です。
観光観光していないのどかさが逆に心地よかったです。

石巻から50分。田代島に到着です


つづく

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「夢を入れなさい」 藤田喬平のガラス作品あれこれ

2009/06/21 01:04
先週の話ですが、「美の巨人たち」で藤田喬平が取り上げられていて、久しぶりに『飾筥』の美しさに惚れ惚れとしたので、メモ代わりに藤田喬平ガラス美術館(宮城県松島町)に行ったときの記録を。

画像

飾筥「紅葉」


画像

飾筥「夜桜」


画像

睡蓮


画像

ヴェニス花瓶


画像

島と月影


藤田喬平は、ヴェニスの海と松島の海は似ていると残しています。
松島の海を臨みながら、作品を鑑賞するのは格別ですよ。





もっと作品を見たい方はコチラ↓(過去記事)
No.22 海の幸せ、至福のホテル・・・定番が魅惑に変わる宮城の周遊1泊2日 D)藤田喬平ガラス美術館


松島旅行もぜひ。マグロがおいしい塩釜も近いのでお鮨も一緒に・・・
No.22 海の幸せ、至福のホテル・・・定番が魅惑に変わる宮城の周遊1泊2日【宮城/1泊2日】

ちなみに塩釜には、「土井製菓」というおいしいお菓子屋さんも・・・。
レモンパイとコーヒーロールが美味!コーヒーロールは松任谷由美さんが好物だそう


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どうしても入りたい!日本の秘湯ベスト10(テレビ東京) ★東北地方はたくさんランクイン★

2009/06/07 22:52
ついさっき、(夜8時00分〜夜9時48分)やっていた日曜ビックバラエティ「どうしても入りたい!日本の秘湯ベスト10」(テレビ東京)に、東北地方は5つもランクイン

10位:姥湯温泉(山形県)
9位:よしが浦温泉(石川県)
8位:二岐温泉(福島県)
7位:新穂高温泉(岐阜県)
6位:天草・弓ケ浜温泉 (熊本県)
5位:奥鬼怒温泉(栃木県)

4位:泥湯温泉(秋田県)
3位:青荷温泉(青森県)
2位:乳頭温泉(秋田県)
1位:法師温泉(群馬県)


日本の秘湯・・・といいつつ半分も東北が占めるとは。なんという東北びいきな企画^^
この中で・・・というか私自身が最も好きなのは、やっぱり泥湯温泉。不思議な疲れ(?)の抜け方を体感して・・・霊験を感じた初めての温泉。
(くわしくはコチラ
画像


そして長年行きたいと思っているのが青荷温泉。今回は季節柄、緑が広がるイメージで出ていたけれど、私は断然冬に訪れたいのです。除雪車での送迎と温かい人々・・・じっくり心と体を癒せそう。
(前回はホテル泊だったけど、冬にこの温泉泊まるなら前後でこんな行程も)

姥湯温泉は、米沢十湯の一つ。米沢は秘湯がたくさんあって、行ってみたいところばかり〜。山奥の秘湯で一晩、翌日はふもとに下りて、米沢牛、鯉、フルーツと、名物をほおばるものよさそう・・・
(ふもとの話はコチラ

そして、二岐温泉大丸あすなろ荘 ・・・ここも行ったことはないんです。足元の岩から湯が出てくる感じ、すごくよさそうだった〜。ちなみに、所在地の天栄村のキムチ、おいしいですよ。

乳頭温泉は、この温泉を、一代で有名にした湯守さんの心意気が素晴らしいんです。ありのままを大切にして、でもひとつひとつのことを丁寧にやって湯治客を迎いいれる。それにしても、一本松温泉・・・徒歩30分がいい感じでしたね。知らなかった。ひとりでのびのび自然のお湯に入れたら最高だろうな。

最後に、私自身が秘湯中の秘湯で行ってみたい温泉が、
古遠部温泉(青森県)
(参考:碇ヶ関村商工会HP
お湯の量も濃度も半端じゃない。
あくまでも観光気分は捨てて、「湯治」をしにいくところとして、最も訪れたいところです。



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


No.25 浅草甘味散策A【東京/お散歩】

2009/06/06 23:59
幸せに目覚められるやさしいかりんとう♪

東京==浅草駅==大学芋千葉屋(大学芋)==小桜かりんとう(かりんとう)==浅草寺(きびだんご)==浅草駅==東京

いよいよ、「かりんとう小桜」に到着。
引き戸を開けると、お店の方はかりんとうを包んでいるところでした。
いくつか味見をさせてもらい、2種×2箱購入。
ここのかりんとうは、ふわりとごま油の香りがかすめて本当に本当においしくて。

熱いお茶と一緒に食べるのも最高だけど、一度、“おめざ”として食べたらはまってしまいました。
朝布団の中で、「あぁ仕事の時間・・・」なんて気持ちと眠さがせめぎあってるときに、口に入れるとすごく優しく目覚められる。不思議。

そしてここの包み紙も好き。セロテープとかは使わず、和紙とリボンのみで丁寧に包んであります。

画像


なんとなく購入してほっこり

帰りは浅草寺の仲見世できびだんごを食べて、おしまい。
ここのきびだんごを食べると、20代前半でがむしゃらに働いてた頃を思い出します・・・。
初心を思い出すのに、ときどき食べたくなります。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.25 浅草甘味散策@【東京/お散歩】

2009/06/06 20:52
東京==浅草駅==大学芋千葉屋(大学芋)==小桜かりんとう(かりんとう)==浅草寺(きびだんご)==浅草駅==東京

東京のお散歩記録。一番手は浅草です。
なんか甘いものを買い集めた結果に^^;

今回の目的は、「かりんとう小桜」。
そこまで行く途中で、大学芋やさんを見つけて、購入。
ごつい位大きく切ってある大学芋はあったかくて甘〜い
素朴な味でした

さらに進んで、浅草3丁目界隈。
このあたりは料亭や鮨屋が点在しています。
すっぽん屋、ふぐ屋・・・ふぐのお持ち帰りのお店も発見。
午後3時。静かで凛とした空気が流れていました。

ふと、鮨屋の脇道から、毛並みのきれいな黒猫がふらりと出てきて、その体のしなやかさにびっくり!
空間と妙に合っていて、艶っぽさも垣間見えたり。

その先に、「かりんとう小桜」はありました




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


久しぶりの更新です

2009/02/01 14:00
去年から長年住んでいた東北を離れて生活しています。
ということで、東北をアドリブで遊び歩くことが極端に減ってしまい、このブログどうしようと気に留めつつも、なかなか方向性が見出せなくてしばらく放置状態でした

今後は、東北ネタだけじゃなく、いろんな地域を書いていきたいな。
あ、まだ書ききれてない東北アドリブ観光もあるからそれは引き続きアップします♪

今後ともよろしくおねがいします
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


旅の空気を思い出として持ち帰る。香りの有効活用法とは?

2008/09/21 11:24
ご当地香水なるものがあるのをご存知ですか?
日本各地にあるようですが、特に東北は多い!
弘前、角館、小坂、会津若松、遠野と旅情誘う地域にあります。


弘前市りんご公園SHOP(楽天市場)

画像


この香水、自治体が資生堂と共同開発したものだそう。
各ご当地香水のボトルの色あいも地域性が現れていて、きれいです。
また、香りのテーマは地域の特徴に沿ったもの。

ご当地香水一覧
地域名前香りのテーマ
弘前/青森県弘前さくらものがたり桜とリンゴの花
角館/秋田県角館オードパルファムしだれざくら
小坂/秋田県小坂オードパルファムアカシア
遠野/岩手県遠野オードパルファムホップの花
会津若松/福島県会津オードパルファムタチアオイ
知床/北海道知床オードパルファムハマナス
草津/群馬県草津オードパルファムシャクナゲ
長野/長野県長野オードパルファム如是姫(にょぜひめ)
飛騨高山/岐阜県飛騨高山オードパルファムこばのみつばつつじ
金沢/石川県金沢オードパルファム
竹原/広島県広島オードパルファム
高知/高知県高知オードパルファムトサミズキ
尾道/広島県尾道オードパルファム
吉野/奈良県吉野オードパルファム吉野桜
長崎/長崎県オードパルファム・マダムバタフライマダムバタフライ


資生堂だから、香りはちゃんとしたものだろうけど、おみやげに持って帰るだけじゃ、ただの香水のひとつになっちゃうだけ。
せっかくの旅先だから、香りと思い出を本能的に結びつけちゃいましょう!

そのためには、まず旅先で最初に香水を購入して、どんどん使っていきます。
夜もハガキ書いたりノートにメモするときも少し香りを添えて。
旅先でずっと香りと一緒にいる。
そうすると。帰宅して1ヶ月後くらいに、その香水の香りを嗅ぐと、タイムスリップしたように、旅先の楽しさが蘇ります!
香りをかいだら昔の人や出来事を思い出す…そんな感じで未来にも旅の空気感をまるごと持っていくことができる。
そんな香りのお土産もいいですね。


参考
ご当地香水地域の記事
No.8 心おどる冬の津軽 【青森/2泊3日】
No.13 東北の食の底力!短角牛に舌鼓そして光の町・小坂を歩く【秋田・岩手/1泊2日+α】
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

てくてく*東北 〜アドリブ観光〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる